Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸術

尾崎世界観の本『祐介』の内容は実話?ネタバレとみんなの感想!

尾崎世界観

 

尾崎世界観といって、すぐわかる人は音楽好きの人ですね。

尾崎世界観は本を出版しているのですが、この本が話題になっています。

今回は、この本を読んだ人達の感想や内容について見てみましょう。

 


 

尾崎世界観 プロフィール

尾崎世界観

本名   尾崎祐介(おざきゆうすけ)

生年月日 1984年11月9日 

出身地  東京都 葛飾区

職業   ミュージシャン・作曲家・作詞家・小説家

バンド名 クリープハイプ

担当楽器 ギター

血液型  O型

身長   166cm

 

高校時代は、1人でラジオを聴いたり本を読んで考えることが多かったみたいです。

高校2年生の時に、ライブハウスに出るようになります。

就職は本が好きなので、製本会社に勤めますが1年くらいで辞めてしまいます。

音楽が好きなので、サラリーマンには向いていないのかもしれませんね。(>_<) 

 

音楽のことは、親には内緒にしていたそうです。

話してしまえば、反対されるのではないかという風に思っていた、という可能性もありますね。

高校生の頃から、音楽で失敗したら他の道はもっと上手くいかないだろうと考えたようです。

その為、安定した職業に就くより音楽で成功している自分がイメージが湧いたといいます。

高校生の頃から、就職より音楽で生きていこうと思っていたということも考えられますね。(*^_^*)

尾崎世界観の本『祐介』を読んだみんなの感想は?

尾崎世界観が書いた『祐介』を、沢山の人が読んでいます。

『祐介』という本を、読んだ人の感想を見てみましょう。

  • 読んだけど意味が分からず、自分では到底理解できない世界観だなと思いました。

  • 汚い部分を包み隠さず書いていて、共感できるところ・嫌悪するところがあります。

  • 売れないバンドマンの、想像以上の苛立ちや怒りにものすごい力で飲み込まれて夢中になる。よく分からないまま、いつの間にか読了している。パワーのある小説だった。

  • やるせなさや鬱屈とした感情とか、何気ない描写の中にもきちんとそれが表現されている。ただ、好みが分かれる作品だと思います。

  • 比喩表現やストーリーが、普段聞いてる歌詞のようにスッと入ってくるから読みやすかった。

中にはこんな感想も

ピースの又吉さんが『祐介』を推していて、背中を押されて購入したが、読み始めるととても進みません。

バンドマンだからか・尾崎だからか・世界観だからか・祐介だからなのか、難解な文章を書くこと書くこと。

皮膚に倒置に代名詞のオンパレードで、文章が全く頭に入ってこないので、何度か挫折しながらも読破したのです。

沢山の人が読んでいて、いろいろな感想があるのですね。

読んだけど理解できないとか、共感できるなどいろいろです。

尾崎世界観が好きだから、読んでいるという人もいるのですね。

そして、好みが分かれる作品だというのはみんなの感想を見ても分かりますね。\(^o^)/ 

 


 

尾崎世界観の本『祐介』の内容は実話?【ネタバレあり】

この『祐介』という本の内容は、

第一章は、主人公が「アルバイト研修センター」で出会った大学生の男性から聞いた身の上話から始まります。

子供の頃父が仕事を辞めて、それがきっかけで母の精神が変わったことから崩壊してある日突然事件が起きます。

それ以降は、スーパーでバイトをしながら売れないバンドを続けて思い通りにいかない日常を生き続ける主人公の青春が描かれていきます。

 

簡単ではありますが、このような内容になります。

 

尾崎世界観は雑誌のインタビューで、

「いいライブが出来たと思っても、ノルマのお金は取られましたね。また客が5~6人の中でやるんですけど、カーテンが開いた瞬間の絶望がすごいですね。自分は音楽が好きなにそれとは違うものになっていく。自分が選んだことが間違ってたっていう結論に近づくのがすごく怖かった」と答えています。

話を聞いていると、ライブをしていると売れない時代があるのですね。

そして、やはり難しいのだなと感じます。

トラブルもあり、悲しい思いもたくさんしているのですね。

そして、『祐介』の主人公はやはり尾崎世界観自身ではないかという可能性もありますね。(^O^)

まとめ

尾崎世界観の『祐介』という本は、スーパーでアルバイトをしながらスポットライトを浴びる夢を見る売れないバンドマンの話です。

尾崎さんは、「この小説を書いていなければ、今頃音楽を辞めていたと思います」とコメントしています。

 

尾崎さんにとって、本を書くことで自分自身を見つめ直したということなのでしょう

クリープハイプは、これからも独特の世界観でたくさんの人に音楽で影響を与えていくのでしょうね。(=^^=)

また尾崎さんは、音楽をしながら小説も書いていくという才能を持っています。

これからも、両方の仕事をしながらの活躍に期待したいですね。\(^o^)

 

以上、『尾崎世界観の本『祐介』の内容は実話?ネタバレとみんなの感想!』でした!