わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

豆知識

【台風対策】アパートやマンション、家の対策と車やグッズ紹介

2016/09/21

夏になると、"旅行"を始め"BBQ"や"海水浴"や"プール"など、何かと外出する機会が増える楽しい季節!

ですが、日本では台風が多い季節でもあります。

 

最近では、日本の建築技術のおかげで大した台風対策をしなくても、困るようなことは少なくなってきました。

でも、災害はいつ襲ってくるかわかりません。

台風ならまだいいですが、地震などはどうしようもありません。

 

台風も、強風で物が飛んできたり停電を引き起こしたりする可能性は十分あるわけです。

オール電化も多くなってきた今では、以前よりも台風を警戒しなければいけないくらいです。

でも、対策なんて色々ありすぎて全部やってたら一体いくら時間とお金がかかるんだ!(#゚Д゚)

ってなりますよね。

 

というわけで、この記事では出来る限り簡潔に読めて早く対策に動けるよう、最低限これだけはやっておくべきという対策を紹介しておきます。

 

アパートやマンション、家など共通!最低限やっておくべき台風対策

アパートやマンションなどの賃貸や一軒家の対策など、状況別に色々紹介されている方法はありますが、

ここではまず共通して最低限やっておくべき対策を紹介します。ヽ(=´▽`=)ノ

 

入浴とトイレは早めに済ませておく!

停電って『テレビとかパソコンとか電化製品が使えなくなるだけ~』と思っていると危険です。

水もストップします。

なので、お風呂とトイレは早めに済ませておくのが良いです。

余裕があれば、浴槽に手や顔を洗う用に水を貯めておくとバッチリです(^^)

食料、飲料水を十分に

例え停電するほどの台風じゃなかったとしても、台風が来ている時に外に買い物をしに出たりするのは危険です。

天気予報を確認して、台風が来る前日には『レトルト食品を中心』に十分な食料を確保しておきましょう。

ここで意外と見落としがちなのが飲料水です。

水はとても大事です。特に夏は十分な水分補給が必要。

食料は多少我慢出来ますが、喉の渇きは空腹以上に辛いです。

電池式の電灯(スマホの充電も早めに)

当然ですが、停電すると明かりがありません。

懐中電灯は夜の明かりとしては強すぎるので、スマホの充電を早くしておくことと、モバイルバッテリーも充電しておきましょう。

とりあえずスマホの電池が切れないようにしておけば今の時代なんとかなります(笑)

窓ガラスは雨戸を閉めましょう

窓ガラスに養生テープ貼ったりという対策も勿論あるんですけど、「そこまで・・・」って方は雨戸をとりあえず閉めておけば大丈夫でしょう。

雨戸でも防げないような被害なら養生テープ貼ったところで正直変わらないと思うので・・・(^_^;)

ベランダの風で飛びそうなものを片付ける

これは自宅だけでなく、もし飛んでいってしまった場合、他の住宅に被害が出る可能性もあるのでとても大切です。

 

屋外の車はどうするのか?

台風 車 対策出典:https://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/auris_201208_page02.aspx

専用の駐車場やガレージがある場合は特に車は対策をしなくても大丈夫ですが、じゃあ屋外駐車場の車はどうするの?ということで、

一番無難なのは『立体駐車場に一時的に避難させること』です。

駐車料金がかかってしまいますが、物が飛んできてフロントガラスや車体に傷がついてしまったりするリスクを考えれば安いと思います。

 

台風対策グッズ

大半が屋内で過ごすための対策になるため、対策グッズというのは実はそんなに多くありません。

強いて言えば懐中電灯くらいでしょうか。

ここでは、台風だけどちょっと収まったのを見て、「ちょっと買い足したいものがある」という時に役立つグッズを紹介します!(^^)

 

強風でも折れない傘

台風の強風でも折れない特殊な構造の傘です。

 

レインブーツ

雨の日に外に出たら足がぐしょ濡れになるのが嫌ですよね・・・1回レインブーツの快適さを知ると雨の日はこれになっちゃいます(笑)

 

防水スプレー

これがなかなかのスグレモノです。

防水加工機能を自分のお気に入りの靴につけられちゃいます!

汚れなどの防止効果もあって、雨の日でも水を弾いてくれるのでぐしょ濡れ・・・なんてことを防げます!

これは僕も使っていておすすめです!

 

いかがでしたでしょうか。

台風対策は色々ありますが、僕が「最低限これはやっておくべき!」という対策をご紹介しました。

対策グッズよりも、とりあえず対策方法のところを押さえてもらえれば十分だと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。(^^)

 

 

SNSシェア画像

-豆知識