わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

経済

さらっと読むイギリスのEU離脱の日本への影響や離脱の理由

2016/09/03

イギリスが国民投票の結果EU離脱へ

イギリス

連日ニュースになっているイギリスのEU離脱問題ですが、遂にその結果が出たようです。

結果はEU離脱派の勝利。イギリスはEUから脱退することになります。

これによりキャメロン首相は辞意を表明。

サッカーの超有名選手、ベッカム選手も残留を支持していたようですね。

 

イギリスがEU離脱をすることによる日本への影響

お札

さっそく為替市場がかなり大きく動いているようです。

ポンド・ユーロが一気に売られた為に、価値が低くなり安くなっています。その影響で円高が進み、日経平均株価も大きく下がってしまっているようです。

円高になってしまうと、外国からすると「日本製品が高くなる」ので外国への輸出が減ります。ということは、日本の輸出企業にとっては大きな問題になります。大手自動車メーカーなどは特に金額としては大きくなるでしょう。

日本の製品が売れにくくなるために、日本の輸出企業の売上が下がります。それが経済不況に繋がるということが懸念されているわけですね。小さな影響で終わることが望ましいですが、この動揺した状態が続いてしまうとどんどん影響が大きくなっていってしまうでしょう。

イギリスに進出している日本企業の数は900社以上、日本からイギリスへは1兆7000億円もの投資もしています。

この動揺が早く収まるためには、今回EUを脱退したイギリスが今後どのように動いていくか方針を固めることが鍵になります。

そういった理由から、イギリスの今後がこれから注目されます。

 

イギリスがEUを離脱してなぜ円高に?

為替

「なぜイギリスがEU離脱したからって円高になっちゃうの?日本関係ないじゃん!」と思われた方も多いと思います。それが答えです。

『関係ないからとりあえず円を買っておこう』というごく普通のことを世界の投資家たちが考えたわけです。そうなると『円が急に買われ始めたぞ!在庫が足りなくなってきたから価値を上げて出る量を少なくしろ!』となるわけですね。

要は需要と供給ですね。例えば、今年は白菜が不作だったな…となると、需要はあるけど供給が追いつかないので値段が高くなりますよね。それと同じようなことが通貨で起こっています。

 

イギリスがEUを離脱した理由は?

移民

一番大きな要因としては移民・難民の受け入れ問題のようです

EU加盟国には、移民・難民を受け入れなければいけないルールがあります。その規則がある限り、売れ入れを拒否出来ません。

イギリスはEUの中でも、難民にはかなり人気の国にあたります。そのためどんどん移民が増えていくわけです。

仮に日本がイギリスの立場になったとすると、どんどん韓国人や中国人など外国人が増えていくわけです。当然不満は出るでしょう、イギリスにはそういう問題があるんですね。

EUを脱退し独立することにより、受け入れを拒否することも可能になります。

そこから来る国民の不満が今回の結果に繋がったと考えるのが妥当でしょう。

 

まとめ

・イギリスは国民投票の結果EU離脱を決定

・イギリスのEU離脱により日本経済にも影響大

・関係ない国の通貨だから円高が買われ円高が進んだ

・イギリスは移民、難民受け入れの問題を解決するためにEUを脱退

 

デメリットが注目されていますが、イギリスがEUを脱退したことによりEUを介さず直接貿易が出来るようになるというメリットがあります。

そのメリットをどのように活かしていくかが今後を左右しそうです。

 

SNSシェア画像

-経済