わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

時事 経済

コインチェックのゴックス(GOX)とは?今後や社長の会見は?

2018年1月26日のヤフーニュース。

仮想通貨ブームが現在も止まらず続いていて、市場がどんどん成長している最中の出来事でした。

 

仮想通貨取引所であるコインチェックがハッキングされ、仮想通貨XEM(ネム)が580億円の不正出金があることが発覚。

そのニュースを受けてコインチェックがゴックス(GOX)されるんじゃねという声が相次いでいます。

 

ゴックスとは?社長の和田晃一良氏は会見とかするの?いつするの?といったような視点で見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

コインチェックがハッキングによる620億円以上の被害に

ニュースタイトルだけ見て「金額大きすぎだろ・・・」と思ってしまった筆者です、どうもです。

ヤフーニュースにもやっぱり出ていて、まぁこんな金額だったらニュースに出ないわけないわな・・・って感じなんですが。笑

 

このハッキング事件の経緯としては

  1. コインチェックが金融庁に仮想通貨交換業者として登録申請をするが不認可
  2. 表向きには「諸事情により認可が遅れている」と通知
  3. ハッカーがコインチェックにハッキングをして、620億円以上の不正出金
  4. SNSで「怪しいアカウントへの送金履歴」がユーザーにより発信される
  5. ネット上でセキュリティ上の基準を満たしていなかった為、仮想通貨交換業者として登録されなかったのではないかと推測される
  6. ツイッターで過去にコインチェックの社長である和田晃一良氏が「6億円の損失でも負担が難しい」と発言したツイートが取り上げられるが、その後ツイートを削除
  7. コインチェックは「出金停止」で対処
  8. その後は調査中

ざっとこれまでのハッキングに関する内容をまとめるとこんな感じですね。

 

620億円という金額はあまりにも大きすぎますから・・・

しかも国の認可を受けていない取引所となると補填・補償する資金力もないのではという声が大半です。

「コインチェックがゴックスするかも」|ゴックス(GOX)とは?

今回の620億円ハッキング不正出金騒動を受けて、ネット上では「コインチェック、ゴックスされるんじゃね」と囁かれています。

そもそも、ゴックスとはなんぞや?ということで見ていきましょうw

 

GOX(ゴックス)という言葉は動詞として使われているネットスラングです。

ネットスラングということは何か元ネタがある?と思った方、察しがいいですね。笑

 

実は以前にも似たような仮想通貨の事件があったんですが、その時に被害を受けたのが「マウントゴックス」という会社でした。

結局、失われた仮想通貨は補償・補填などもなく消滅してしまったそうです・・・。

その事件をもとに、今回のコインチェックがハッキング被害による仮想通貨を消滅させてしまうんじゃないかということで「ゴックスするんじゃないか」と言われているわけですね。

 

つまり、「ゴックスされる」というのは「仮想通貨をなかったことにされ消滅する」ということですね。

 

スポンサーリンク

 

コインチェックの今後は?

コインチェックが620億円以上の被害にあったことはわかったけど、じゃあ今後は一体どうなるんだ?ということが次に気になりました。

結論から書くと「経営破綻し倒産する可能性が濃厚」だと考えています。

 

理由としては以下になります。

  • コインチェックの社長である和田晃一良氏が過去のツイートで「6億円の損失でも補填するのは難しい」と発言していること。
  • 金融庁の仮想通貨交換業者登録が不認可だったが、表向きには事情があり遅れていると曖昧なことを言っていた。(信用損失)
  • 過去に同様の事件があった時にはそのまま仮想通貨は消滅、なかったことにされた
  • 今回の被害金額はゴックスの時の約5倍以上にもなる

 

6億円の損失でも難しいと一社員ではなく会社の代表が発言しており、今回の被害金額はその100倍以上・・・

しかも、金融庁の仮想通貨取引業者登録が不認可のため国の力を借りることもできない。

仮になんとか国の力を借りることが出来ても、お金に直結するサービスへのハッキング被害ですから、信用はもうほぼないでしょう。

なので、なんとかこの場を凌いだとしてもサービスとしての今後はないと思ったほうがいい。

 

以上の内容から、今後については断定はしませんが「かなり厳しい」と見ています。

社長の会見は?

成人式の「はれのひ」も記憶に新しいですね。

ちょうどこの「コインチェックハッキング被害」のニュースがはれのひ社長の記者会見に埋もれた感じにはなってますが・・・w

 

はれのひの被害金額の比ではない金額のお金が動いてますからね。

社長の和田晃一良氏が日程はまだわからないですが、何かしらの会見を開く可能性は高いでしょう。

※追記:日程は不明だが会見を開くことは確定している模様

 

流行りの仮想通貨に関するニュースだし、やはり被害金額が大きい。

このネタをメディアが報道しないはずがないですからね。

それに「はれのひ」のニュースもずっと続報続報で報道されていたし、同じお金に関するニュースですし。

 

おそらく翌日の1月27日あたりから報道され始めるんじゃないでしょうか。

まとめ

現時点での情報はここまで・・・続報が待たれます。

最後に今回の記事の内容をまとめておきますね。

  • コインチェックがハッキングによる620億円以上の被害
  • GOX(ゴックス)とは、仮想通貨が消滅することを指すネットスラング
  • コインチェックの今後は経営破綻、倒産濃厚。
  • 後日記者会見が行われる

 

以上、「コインチェックのゴックス(GOX)とは?今後や社長の会見は?」でした。

 

スポンサーリンク