わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

スポーツ

【宮原知子の両親】父親の宮原亮はどこの医師?京都市立病院?

フィギュアスケート選手の宮原知子の父親は、医者のようですよ。

親が医者というのは、すごいですね。

今回は、父親がどこの病院の医者なのか見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

宮原知子の父親「宮原亮」 プロフィール

名前   宮原 亮 

学歴   1987年 京都大学医学部卒業 

専門分野 呼吸器外科

宮原亮は、どちらかというと医学部というより体育大学進学を薦められるくらいに運動神経を持っていたようです。

そんな中、京都大学医学部を目指して猛勉強をして合格できたようですね。

運動神経もあり、医学部にも合格出来るのですから凄いです。(=^・^=) 

「医師になる素質があった」という、可能性もありますよね。(^O^)

 

専門は、呼吸器外科ということですが肺癌などの悪性腫瘍など全般です。

2002年には、「テキサス大学付属MDアンダーソン癌センター」 に留学をしています。

2005年には、京都大学大学院医学研究科に進んでいます。

やはり、医者を志す人は大学院に進み日々研究を重ねているというのは凄いですよね。\(^o^)/

宮原知子の母親の宮原裕子について

母親は「宮原裕子」といいますが、名前は「みやはらやすこ」と呼びます。

宮原知子も呼び方は知らない人だと「ともこ」などと呼びそうですが、名前は「さとこ」と呼びます。

宮原家は、名前の呼び方が面白いですよね。(^O^) 

 

宮原裕子は、学生時代に弓道部に所属していたようです。

弓道は精神力が必要ですが、宮原知子もフィギュアスケートをしていてやはり精神力が必要です。

精神力と同様に、コツコツと努力を重ねてスケートで成長を遂げている娘さんを全力で応援しているようですね。\(^o^)/ 

 

宮原裕子の母親の宮原裕子も、医者のようですが勤務先は「京都市立病院」です。

「京都市立病院 血液内科」の副部長ということで、凄い人だなということも考えられますよね。(=^・^=) 

専門は、

  • 臨床血液学
  • 造血器悪性疾患の治療
  • 造血幹細胞移植

などです。

「京都市立病院」の副部長だけでも凄いと感じたのに、専門は血液や移植など様々な場面で努力家かもしれませんね。\(^o^)/

 

スポンサーリンク

 

宮原亮は京都市立病院の医師?

宮原知子の父親の宮原亮は、医師という事が分かりましたよね。

では今は、どこの病院にいるのでしょうか? 

宮原亮は、京都大学医学部付属病院呼吸器外科で外来の医師をしていたようですよ。

現在は、「京都市立病院 呼吸器外科」にいて部長のようです。

専門は、

  • 呼吸器外科 
  • 肺癌    
  • 縦隔腫瘍  
  • 胸腔鏡手術 
  • ダヴィンチ手術

など。

 

外科部長ということで、手術もかなりの数をこなしているということも考えられますよね。(^O^)

また宮原亮は、

  • 日本外科学会専門医         
  • 日本呼吸器外科学会 専門医評議員  
  • 日本胸部外科学会 認定医      
  • 日本呼吸学会 呼吸器専門医     
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医    
  • 京都大学医学部付属病院 呼吸外科医の講師

などをされているようですね。

 

医師になるためには誰よりも相当な努力が必要ですから、かなり勉強されたということは考えられます。

また専門の知識を必要になれば、特に人一倍の努力が必要ですよね。

専門が癌の腫瘍ということで、すごく難しそうですが専門の先生がいらっしゃると安心できますよね。\(^o^)/

まとめ

宮原知子の父親は、医師ということが分かりましたよね。

病院の外科部長であり、様々な研究を重ねているということも考えられます。(=^・^=)

附属病院の講師をされたり、専門もいろいろな分野で幅広くされています。

これからも、医師として活躍と期待していきたいですね。\(^o^)/

 

以上、「【宮原知子の両親】父親の宮原亮はどこの医師?京都市立病院?」でした!

 

スポンサーリンク