わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

スポーツ

宮原知子の矯正前と矯正後の比較画像と出っ歯や歯が黒いの噂は?

2018/02/23

女性フィギュアスケート選手で、実力もある宮原知子がいますよね。

宮原知子は、歯の矯正をしていてまた失敗ではないかという声もあるようですよ。

今回は、宮原知子の矯正前と矯正後の比較や失敗ではないかということについて見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

宮原知子 プロフィール

本名   宮原知子(みやはらさとこ)

生年月日 1998年3月26日 

出身地  京都府京都市 

身長   152cm 

血液型  B型

両親の都合により、幼少期から7歳(小学校2年生)までアメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで生活していたようです。

スケートを始めたのは、4歳の時で滑ってみたら楽しかったので続けたそうですよ。

やはり才能のある人は、最初の頃から楽しい気持ちが湧き続けたいと感じるのでしょうね。\(^o^)/

 

2017年に、左股関節疲労骨折という大きな怪我をしています。(>_<) 

その時に、国立スポーツ科学センターでのリハビリを経て先進的にも大きく成長したようですね。

濱田コーチからは、「辛抱強くできることを、ずっとやり続ける凄さというのを見て私自身も勉強になった」と言われたそうです。

コーチからの言葉というのは、なによりも嬉しくて励みになりますよね。(=^・^=)

宮原知子は長い間、歯の矯正をしていた

宮原知子は歯の矯正をしていて、歯の列矯正をしているようです。

歯の列矯正をする人達は、歯並びが原因か・出っ歯なのか・他の理由もあるとは思いますが一概にはいえないということも考えられます。

この治療は、個人差があり1年経つこともあり・数年経つ場合もあり終了するまで個人差があるかもしれませんね。(^O^) 

 

スケート選手は、踊ったり・まわったりするのでバランスが必要になりますよね。

綺麗な歯の組み合わせは、良いバランスを保つという可能性もあります。(=^・^=) 

フィギュアスケート選手は、歯の列矯正をしている人が多くスケート選手たちは歯を綺麗にするという意識が高いということも考えられますよね。\(^o^)/ 

 

スポンサーリンク

 

矯正はいつまで?矯正前と終わった矯正後の比較画像

宮原知子は、歯の列矯正をしていますが2013年から続いていて2017年の11月頃に終了しているようです。

「2017年ISUグランプリシリーズスケートアメリカ」の大会で、優勝した際に表彰台でワイヤーが外れていて終了したことが分かります。(^_^.) 

歯の列矯正の前と後では、やはり雰囲気が違いますよね。

 

宮原知子、矯正、矯正前矯正前

 

宮原知子、矯正、矯正後矯正後

 

歯の列矯正も終了したこともあり、踊る時に等にバランスが変わるということも考えられます。

それだけでは、変化はないかもしれないですがどのように変化しているか期待したいですよね。\(^o^)/

「矯正は失敗」「出っ歯」「歯が黒い」という声もネットにはあるが・・・?

宮原知子が、歯の列矯正をしていたということですが、その矯正をした後に「失敗ではないか」という声も出たようです。(>_<) 

 

矯正する前とした後では、明らかに差があります。

「綺麗になった」という人もいますし、「あまり変わらない」という人もいます。

そのためか、「失敗ではないか」という声も一緒に出たということも考えられます。(^O^) 

 

それは、人それぞれの意見なのでいろいろな意見があっていいのかもしれませんね。

周りがどのように言おうと、「宮原知子は芯の通っている人」ということも考えられます。

本人が、しっかりしていれば周りも何も言わなくなるかもしれませんね。\(^o^)/

まとめ

宮原知子は、歯の列矯正をしていることが分かりましたよね。

歯の列矯正は、スケート選手の人達はされている人が多いようですよ。

歯の組み合わせで、スケートのバランスが変化するならやはり矯正は考えてしまいますよね。\(^o^)/

 

宮原知子は怪我をして、精神的にも変化がみられたようです。

その怪我を経て、平昌オリンピックの出場も決まっています。(=^・^=)

宮原知子は、これからのフィギュアスケートを背負っています。

今後に、期待していきたいので頑張ってほしいですよね。\(^o^)/

 

以上、「宮原知子の矯正前と終わった矯正後の比較画像!失敗の声もある?」でした!

 

スポンサーリンク