わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

スポーツ テレビ

木村和司の病気(脳梗塞)で右半身麻痺からの現在と娘や息子は?

 

木村和司さんといって、すぐ誰か分かるというのはサッカーファンの人ですね。

木村和司さんは、元サッカー選手で監督も務められた方です。

今回は、木村和司さんが脳梗塞で倒れて、現在どうされているか気になるので見てみましょう。

 

 

木村和司 プロフィール

木村和司

本名   木村和司 

愛称   カズシ―、ミスター・マリノス(初代)

生年月日 1958年7月19日 

出身地  広島県広島市 

身長   168cm 

体重    64Kg 

最終学歴 明治大学・二部・政治経済学部 

県立広島工業高校時代は、中心選手として1975年度の高校選手権でベスト4の成績を残しています。

大学時代は、サッカー部に所属して同期には女子サッカーのなでしこジャパンの監督で有名な佐々木則夫さんがいます。

有名な人は、同期も有名で凄いですよね。\(^o^)/ 

 

引退後は指導者を目指して、1997年にS級ライセンスを取得します。

2001年には、フットサル日本代表の監督を務めています。

また2010年シーズンより、横浜FMの監督に就任しています。

2011年12月29日の天皇杯準決勝で敗れて、2012年のACL出場が消滅した為12月30日に解任されています。(>_<) 

木村和司は病気(脳梗塞)で右半身が麻痺状態に・・・。現在は?

木村和司さんは、2015年1月に脳梗塞で倒れています。

ゴルフコンペの時に、2回打っても空振りしてもう一回打っても空振りするので「おかしいな」と思ったそうです。

おかしいというのは「歩いてもフワフワしている感じ」で、クラブハウスからすぐに総合病院に行っています。

 

病院に行ったら先生から「脳梗塞です」と言われ、すぐ入院したそうです。

普通に1ヶ月くらいしたら歩けて、ちょっとしたら走れるかなと思っていたそうですよ。

でもそれから、1年かかっていてよっぽどひどかったのだなと感じたそうですね。(>_<) 

 

ただ現役の時から右足が痛くて、ちょっと疲れたりすると足首が痛かったことはあったそうです。

足の軟骨はないから、周りの筋肉で痛い足首を支えていたけど入院して筋肉が落ちたようですね。

麻痺もまだ少し残っているし、足首の痛さで歩くのが辛いようですね。(>_<) 

 

現在は、杖はつかなくて良くなったそうです。

でも右足に装具をはめていてまだ足首は、ほおっておくと自然にぶらぶらになるみたいです。

それでも最初の頃は、ひざの近くまである装具をしていましたが今は簡単になっているようですね。(^o^)

 

 

木村和司の娘や息子など家族は?

木村和司さんには、娘さんがいらっしゃいます。

お名前は、木村吏恵さんという方です。

娘さん自身も、サッカーをされているようですよ。(^o^)

 

また木村和司さんが経営されている、「NPO法人スポーツコミュニティ・シュート」の役員もしているようです。

木村和司さんの奥さんも役員なので、娘さんはご両親が設立した会社の手伝いをしているのですね。

 

息子さんは、いらっしゃるかどうか分かりません。

奥さん・娘さんは、お名前まで分かっているのですが息子さんは分かりません。

もしかして、息子さんはいらっしゃらないのでしょうか。

それとも、一般の人なので名前をふせているのでしょうか。

名前が分かればいいのですが・・・残念です。(>_<) 

まとめ

木村和司さんは、サッカーファンなら誰でも分かる人ですよね。

脳梗塞で倒れられたと聞いて、ファンの人はびっくりしたのでしょう。

でも木村和司さんなら、また戻ってきてくれるとファンなら思いますよね。(^o^)

 

現在は少しずつですが、経過も良好ということなのでこれからに期待できます。

木村和司さんには、会社もあり支えてくれるご家族もいらっしゃるので頑張れますよね。

また病気後に木村和司さんは取材をされて、「もう一回監督をやってみたい」と答えています。\(^o^)/ 

その日も近いと信じて、これからの活躍に期待したいです。

 

以上、『木村和司の病気(脳梗塞)で右半身麻痺からの現在と娘や息子は?』でした!

 

 

SNSシェア画像

-スポーツ, テレビ