わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

テレビ

桂あやめの西川正勝事件後の現在は娘のシングルマザーで父親は?

落語は古くから続く日本の伝統芸能の1つです。

「難しそう」「良くわからない」などのイメージを持っている方もいることでしょう。

 

しかし最近では、お笑い番組で落語を披露している姿を見ることもあり、段々と落語が身近になりつつもあります。

修行が厳しく男社会だった落語界にも、現在は様々な女性落語家の活躍が目立ってきています。

 

以前落語をテーマにしたドラマで、2007年に放映され、超引っ込み思案なヒロインが上方落語に出会い女性落語家を目指して成長する姿を描いたNHK朝ドラ「ちりとてりん」。

このドラマのヒロインのモデルの1人とされているのが、関西で人気で実力も誇る桂あやめさんです。

 

 

桂あやめ プロフィール

桂あやめ

3代目 桂あやめ

本名:入谷 ゆか(いりたに ゆか)

生年月日:1964131日(53歳)

出身地:兵庫県神戸市

活動:1982年~

師匠:5代目 桂文枝

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

入門当時は師匠の着物を忘れる大失敗をしたり、女性落語家が珍しい時代で何をやってもウケず悩んだりいろんな苦労があったようです。

そんな桂あやめさんですが、以前、大変な事件に巻き込まれた事がありました・・・

 

 

桂あやめは西川正勝が起こしたスナックママ事件の5人目の被害者

桂あやめ

199112月、兵庫・京都・島根でスナックを経営していた女性4人が次々と襲われ、命を落とす事件が発生しました。

深夜にお客がいない時間帯を狙っての犯行でした。

 

その年の大晦日、桂あやめさんのアパートに一人の男がやってきました。

男は今度このアパートに引っ越してくるものだと名乗り、自分の住む部屋とあやめさんの部屋と見比べたいと中を見て帰ったといいます。

 

実はその男こそ、スナックママ事件を起こした犯人・西川正勝でした。

 

翌年の921月、あやめさんが寝ていたところに西川がやってきました。

 

「ちょっと電話をお借りしたいのですが・・・」

あやめさんが「いいですよ」といった瞬間、男があやめさんの首を絞め、抵抗するも気を失ってしまいました。

 

しばらくして目覚め体を起こすと、そこにはまだ西川がいました。

再び襲いかかってきましたが、あやめさんは西川が逆上しないよう会話を続けようと必死になり、ここで落語で鍛えた話術が役に立ったといいます(´∀`;)すげぇ・・・

 

落ち着いてきた西川はお金を要求し、家にあった14万円を渡し逃走しました。

あやめさんの事件から2日後、今度は別の女性宅に侵入したがそこでも女性に説得され続け、ついに逮捕に至りました。

 

あやめさんは危うく5人目の被害者となるところだったのです。

 

のちの記者会見では「目をつぶると襲われた場面が浮かんで怖い」と語っていましたが、それは25年経った今でも苦しんでいます。

犯人に首を絞められる夢を見るし、恐怖心から人ごみや自宅の訪問者に対して用心深くなってしまう後遺症と戦っているのです。

 

事件が解決しても、あやめさんや他の関係者の方々にとっては、一生消える事のない傷ですし、本当の事件の終わりにはまだまだ時間がかかるのでしょう。

桂あやめの現在は一人娘のシングルマザー?父親はいない?

桂あやめ

桂あやめさんは、1988年、24歳で結婚されました。お相手は釣り好きで、4歳年上の照明技師の方でしたが、わずか3年で離婚されています。

 

その方との間にはお子さんはいませんでしたが、その後、2002年に38歳で第1子となる女児を出産されています。

しかし、結婚はしておらずシングルマザーとして子育てをされているようです。

現在、お子様は15歳ですね。

結婚をしていないのに子供がいる・・・?一体誰の子なんだ・・・?

 

あやめさんに似たかわいらしい女の子なんでしょう。

となると、父親は誰なのか気になってしまいますが、父親の名前は公表されておらず調べてもわかりませんでした・・・(´;ω;`)

また分かり次第情報を追記していきますね。

 

以上、『桂あやめの西川正勝事件後の現在は娘のシングルマザーで父親は?』でした!

 

 

SNSシェア画像

-テレビ