わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

スポーツ

山本ダンテ武蔵は江田島中学で父親と母親は?ドラフトも注目!

春の選抜高校野球、今年も盛り上がっているようですね。

以前に甲子園で有名になりそのままプロ入りを果たしたオコエ瑠偉選手も記憶に新しいでしょう。

 

今年2017年の選抜甲子園で「オコエ2世」と言われて話題になっている山本ダンテ武蔵くん。

今回は彼について出身中学や父親と母親、ドラフト会議への期待もどうなのかというところを調べていきたいと思います。

 

 

山本ダンテ武蔵 プロフィール

山本ダンテ武蔵

そんな春の選抜高校野球の注目選手となっている山本ダンテ武蔵くん。

まずはプロフィールから見ていきたいと思います。

名前:山本ダンテ武蔵(やまもと だんて むさし)

生年月日:2000年3月16日

年齢:17歳(2017年3月25日現在)

出身地:広島県江田島市

高校:大阪桐蔭高校

身重:174cm

体重:74kg

利き投げ打ち:右投げ右打ち

ポジション:外野手

遠投:100m

50m走タイム:6秒1

好きな球団:広島カープ

好きな言葉:無心

将来の夢:幸せな家庭

"オコエ2世"と言われているだけあって共通点が多いですね。

  • 右投げ右打ち
  • 外野手
  • 俊足
  • 強肩

中学時代は瀬戸内シニアというチームでキャプテンとしてキャッチャーも務めていた中心プレイヤーだったようです。

西日本シニアの代表選手にも選ばれたようで、その実力は中学時代から健在だったようですね。

 

大阪桐蔭高校に進学してからは「オコエを超えろ」と西谷監督にも言われているようで、スポ魂な感じですね~

正直、筆者が山本ダンテ武蔵くんの立場ならそうやって比較されるのは苦手だったりしますが…。笑

山本ダンテ武蔵 出身中学は?

現在、名門大阪桐蔭高校で活躍する山本ダンテ武蔵くん。

出身中学は地元である江田島市にある「江田島市立三高中学」のようですね。

特に野球が強い学校というわけではなさそうなので、瀬戸内シニアという野球チームに所属してプレイしていたんでしょう。

山本ダンテ武蔵はハーフで父親・母親は?

山本ダンテ武蔵くんはその名前からもわかるように、ハーフなんですね。

両親である父親や母親について調べてみると、どうやらお父さんが外国人のようですね。

父親:元米国軍人

母親:日本人

お父さんが米国軍人ということで、強い体の遺伝子が遺伝しているんでしょうか。笑

完全にイメージの世界ですが、タフなケガの少ない選手になりそうですね~

 

ご両親それぞれの情報についてはさすがにネット上にもまだ出ていないようでした。

マスコミにも取り上げられるようになればそのうちテレビ番組などで詳細が明らかになるかもしれませんね!

山本ダンテ武蔵はドラフト候補になるか?

選抜甲子園で有名選手なれば、その後に気になってくるのが「ドラフトはどうなのか?」ということ。

先輩であるオコエ選手と比較されていることから、オコエ選手の影響も多少は受けるのではないかというのが筆者の見解です。

走攻守のバランスの取れた選手という選手タイプも同じなので、オコエ二世と言われるだけあって比較対象としてはうってつけでしょう。

 

マスコミの報道の仕方もありますが、あれだけ騒がれていたオコエ選手もいざプロ野球の世界に入ると即戦力まではいかず、今は下積み時代として苦戦しているようですからね。

似たような選手として、今後のオコエ選手の活躍次第で注目度も変わってくることでしょう。

 

楽天がオコエ選手の育成をうまく成功させればドラフト筆頭候補になることは間違いなさそうです。

走攻守バランスの取れた選手といえば聞こえはいいですが、逆に言えば「どれも中途半端」とも言えますからね。

育成をするコーチ側としては「どの部分がどの程度足りないのか」を正確に見極めて育成していかなければならないために、コーチの手腕も必須になってきます。

守備だけがだめなのであれば、守備練習を徹底的に叩き込めばいいということを考えれば首脳陣としてはバランスの良い選手よりも尖ったタイプのほうが育てやすいのかもしれません。

 

以上、『山本ダンテ武蔵は江田島中学で父親と母親は?ドラフトも注目!』でした。

 

 

SNSシェア画像

-スポーツ