わだログ

日々の話題になっていることについて気になることを調べていくブログ・ω・

音楽

【スマスマ】椎名林檎 「青春の瞬き」の歌詞の意味は?【動画】

SMAP解散で注目度が上がっている「SMAP×SMAP」。

12月19日の最後のビストロスマップではタモリさんをゲストに迎えて、アーティストは椎名林檎さんを呼んで初披露の「青春の瞬き」をコラボします。

今回はその椎名林檎さんとコラボする「青春の瞬き」の歌詞がSMAPへのメッセージかのようだと話題になっていることについて歌詞の意味などを見ていきたいと思います。

 

 

12月19日のスマスマで椎名林檎が「青春の瞬き」を初披露

椎名林檎、青春の瞬き、歌詞、意味

おそらく最後のビストロスマップにタモリさんを迎えて乾杯をした後に椎名林檎さんとのコラボになる流れでしょう。

タモリさんの人徳があってこそ務まる仕事だよなぁと個人的には思っていますw

ビストロスマップのゲストって本来もてなされる側だけど、今回は事情が事情ですからね。

みんなで乾杯というのもSMAPのメンバーも「タモリさんなら・・・」という気持ちだったんじゃないでしょうか。

そんな見られるのは最後になるかもしれない乾杯と椎名林檎さんとの「青春の瞬き」のコラボでスマスマの通常放送は最終回。

普段見ていなかった人もこの年末は見るという人も多いんじゃないかな~。

 

 

椎名林檎「青春の瞬き」 歌詞の意味は?

椎名林檎、青春の瞬き

そんな最後のスマスマ通常放送回のコラボを飾る椎名林檎さんとの「青春の瞬き」のコラボ。

ファンの間では「歌詞がまるでSMAPへのメッセージみたい」と話題にもなっています。

その気になる「青春の瞬き」の歌詞はこちら

青春の瞬き / 歌 : 椎名林檎

作詞・作曲 : 椎名林檎

 

美しさと正しさが等しくあると

疑わないで居られるのは若さゆえなんだ

子供みたいに疲れを忘れて寄り掛りあえば

僕らはたった独りでいるよりも有りのままになる

時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ

今まさに僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ

 

新しさと確かさを等しくもとめ

生命をほんのすこしだけ前借りしたんだ

大人になって恥じらい覚えて寄り掛りあえば

僕らはきっと互いの重さを疎ましく思うだろう

いつも何故か 気付いたときにはもう跡形もない

伸ばす手の先で消え失せるものほど欲しくなるんだ

選曲をしたスタッフの想いもあるのかもしれないと思わせるような歌詞ですね。

1番の歌詞はSMAPがデビューしてから国民的アイドルグループになるまで、2番の歌詞はその後の今回の解散のメンバーの心情を歌うかのような歌詞になっていますね。

「僕らはたった独りでいるよりも有りのままになる」個人で番組やメディアに出演するよりも、メンバーが集まったほうがありのままの「やっぱりこれがSMAP」と思えるよねっていう解釈もありますよね。

「新しさと確かさを等しくもとめ 生命をほんのすこしだけ前借りしたんだ」これはSMAPの独立とジャニーズ事務所に残るという解散の理由となった衝突を表したかのような歌詞になっています。

改めて見てみると、これ以上ないSMAPの心情を歌った曲だなぁと思います。

椎名林檎の青春の瞬き【動画】

 

その椎名林檎さんの青春の瞬きのPV動画がこちら。

私が聴いた感想としては、しっとりとしたすごくシンプルな曲だなと感じました。

最近の流行りの曲って技術が発達したのもあって「結構色々な音がミックスされた曲が多い」んですけど、椎名林檎さんのこの青春の瞬きという曲はすごくシンプルで「聴かせる」ことに重きを置いた曲だなぁと思います。

歌詞の内容だけでなく、曲調としても今回のスマスマにぴったりな曲じゃないかと個人的には思っています。

ネットの反応でも「今夜のスマスマは泣く」というようなコメントもありました。

皆さんは如何でしたでしょうか?

 

 

SNSシェア画像

-音楽