わだログ

世間の話題について掘り下げていくブログd(・ω・ )

心理

行動できない…先延ばし癖を克服するために知っておくべき行動心理

2016/09/03

いつも行動できない先延ばし癖がある、そんな人へ送る記事です。

テレビや雑誌やインターネットなどを見ていて『あ、これやってみよう』と思うこと、ありますよね。でも、実際にやろうとすると『また今度でいいや』と先延ばしにしてしまい行動できないまま終わることも少なくないでしょう。

しかし、その先延ばしはその時は軽い気持ちでも実際にどれくらい損をしているのかを知れば今までの軽い見方は出来なくなるかもしれません。

後で後悔しないためにも、先延ばしにしてしまうなぁという方に知っておいてほしいことをまとめました。

 

先延ばしの典型は病気!?

『今日はいいや。明日やろう。』

よくあるパターンですよね、明日やる病とか言ったりしますが笑

実は心理学的には『虚偽機体症候群』というちゃんとした病名があるんです。

 

先延ばしにすることによる損失

ある研究によると、先延ばしをすることによって人は人生の4分の1を損していると言われています。

これは、年収400万円の人に置き換えると年間100万円損をしていることになります。年間100万円収入が増えたら出来ることはたくさんありますよね。きっと今よりもかなり余裕のある生活を送ることが出来るでしょう。

 

先延ばししないためのモチベーション管理

脳内コントラスティング法というものをご存知でしょうか。

脳内コントラスティング法とは、実現したい未来と今の現実を対比し実現に向けてやるべきことを明確化する方法のことです。

【脳内コントラスティング法】

1.理想の未来が実現した時のことを具体的にイメージ

2.想像と現実を対比

3.対策、やるべきことを明確化する

このステップを踏んでいくわけですが、大体が1番の段階で終わってしまいます。覚えがありますか?この1番の段階で終わってしまうと、モチベーションが吸い取られてしまうんですよ。

理想とする未来を想像することはすごく大切なことですが、そこで終わってしまうと想像のままで終わってしまいます。

 

先延ばししないように体に覚えさせる

じゃあ先延ばししないようにはどうすれば良いのか。それは、体に覚えさせることです。先延ばしにしてしまった時に、次の日は作業量を倍にしたりとかペナルティを課すことは私はオススメしません

なぜかと言うと、モチベーションが上がりにくいからです。しかも、次の日も半分程度で終わってしまった場合どんどん辛くなってきます。この辛くなってくるというのが最大の挫折要因であり、もったいないポイントです。

仮にもし誘惑に負けてしまった場合、自分を責めないようにしましょう。翌日に昨日は負けてしまったから今日はやろう!でいいんです。自分を責めないことが大切です。

それよりは、ちゃんとその日やろうと思ったことを出来た時に何かご褒美を自分に与えましょう。このご褒美は、長期的な目標にコンフリクト(対立)しないご褒美です。

例えば、ダイエットをしていてさっき我慢したからおやつ食べよう!みたいなご褒美の選び方はダメということです。この場合はダイエットに悪影響を与えないご褒美を自分に与えましょう。

これを繰り返していくことで『脳がその行動をすることに肯定的』になっていきます。習慣になってしまえばあとはこっちのものです。笑

 

臆病にならず、勇気を持った人が成功する

心理として『人は変化を嫌う』という本能的なものがあります。大半の人が新しいことをなかなか始められない、もしくは始めてもすぐに挫折してしまう仕組みはもともと人間が持っている『変化を嫌う』という心理的な性質にあります。

今までの自分と違うことをしようとした時、つい『出来ない理由』を探してしまいます。どうせ◯◯だから出来ない、やっても私は◯◯だし…のような出来ない理由をどんどん考えてしまうんです。言い換えれば『臆病』になってしまっているだけなんです。

世の中で成功者と言われている人たちは、人と違うことをやっているからこそ成功者と言われているんです。あなたが今やってみたいと思っているまたはこれから思う新しいことは、もしかしたらあなたの将来の成功に繋がっているかもしれません。もちろん、それら全てがノーリスクというわけにはいかないかもしれません。しかし、成功者の人々というのは共通して何か人と違う行動をしている印象があります。

その時、勇気を持って踏み出せるかであなたの人生が変わってくるかもしれません。

 

まとめ

  1. ・明日やる病は『虚偽期待症候群』という病気
  2. ・先延ばしにすることによって人生の平均4分の1を損している
  3. ・想像するだけで終わってしまうと、モチベーションが吸い取られてしまう
  4. ・モチベーションを維持するために、ちゃんと出来た時には自分にご褒美をあげよう
  5. ・成功者は、チャンスを掴みとる為に一歩踏み出す勇気を持っている

本来他人と違うことをやることは怖いことではなく、新たな可能性を見出すための行動です。是非、あなたの可能性をあなた自身が無くしてしまわないようにしましょう!

 

 

SNSシェア画像

-心理